和菓子と餡子の関係と魅力

和菓子の魅力と歴史

和菓子と餡子の関係は深く、上品な甘さでお茶請けに良い物として昔から日本茶のお供として食されてきた歴史があります。
本格的に餡子がお茶と結びついたのは、茶道が普及した室町時代からだと言われています。そして、戦国時代では、有名な武将が贅沢な茶室を作ってお茶を楽しみ、茶道と一緒に御菓子も普及していくことになったようです。

特に和菓子では、その見た目を楽しむことが出来ることから、多くの人に好まれる御菓子として有名です。日本だけではなく、今では世界でも和菓子の精巧な見た目に興味を持つ人が増えています。

和菓子の歴史の中では、最初から餡子が甘味料として使われてきたわけではなく、植物から取ることが出来る甘味料を使い、そこに餡子を使って和菓子を作っていたそうです。

最近では和菓子の中には焼き菓子などが多く登場して、有名なものではカステラやボーロなどがあります。

これらの和菓子の焼き菓子は日本独自に作られたというよりも、海外から入ってきた知識を使って、日本で再現されたものとして受け取ることが出来ます。

また、和菓子の有名どころとしては、京都の京菓子や関東を中心として上菓子があります。お土産物としても人気のこれらの御菓子にも、餡子をふんだんに使った御菓子が多く、日持ちが良い物から、痛んで早いものまであるので、現代では保存方法が確立しているので、長期の保存、または、遠方からの旅行客でも和菓子をお土産として故郷の人に渡すことが出来るようになってきています。